元塾講師が教えるMARCH合格への道

元塾講師の情報発信ブログ。受験生や、受験生を応援するお父さんお母さんを全力サポートしたいです!

【経験談】予備校、衛星予備校、個別塾、通信教材の比較!それぞれの特徴は?

 

大学受験勉強ってどこに通って勉強したら良いの?

迷っちゃいますよね。

今回は主に私が通った【河合塾・東進衛星予備校・栄光の個別・Z会】について、体験談ベースで特徴を話していきます!

体験談のため、偏見も含まれていること・決して全てこの意見が当てはまる訳では無いことご了承ください。

 

 

 

はじめに

f:id:kshinoblog:20200810153434j:image

 

私は高校生の時、すぐに不安になるタイプだったのでたくさんの塾や予備校や通信教材などを試したり、かと思えば自己学習に没頭したりと色々な方法で勉強していました。

 

欲張りコースですよね😅

お金を出してくれた親に心から感謝です。

 

これから入試を迎えるみなさんは、人生で初めての大学受験勉強の方が多いはずです。

これからの人生を左右する大学受験、失敗したくないですよね。

そのために、学習する環境はとても大切です。

ぜひ経験者の意見を参考にして、自分に合った学習方法で合格を勝ち取りましょう!

 

⚠️一切宣伝を含みませんので、忖度なしに正直に話していきます。

 

⚠️価格設定や校舎の場所など一般的な事実は調べればいくらでも出てきますので省略させていただきます。

 

①予備校(通い)

予備校と言っても現代はさまざまな形態がありますよね。

まずはその中で私が実際に通った予備校の王道河合塾についておはなしします。

 

やっぱりさすが大手予備校ですね!

プロの授業だなあという印象です。

 

特徴

✔︎大人数形式

✔︎通常授業は中堅校から東大や医学部まで幅広くコースが設置されており、講習は科目の中でも細かい分野ごとにプログラムがある

 

メリット

✔︎人が多く、仲間と切磋琢磨できる

✔︎(特に大規模校舎は)先生の質が高い

✔︎テキストが優秀で、予習・授業・復習のサイクルによってかなり力が付く

✔︎相談できるチューターがつく

✔︎頻出問題など、入試の情報が手に入る

✔︎自習室の種類が豊富

・個別ブース型

・オープン型

・解放教室型

・ラウンジ型

 

 

デメリット

✔︎校舎が少ないため家から遠い場合もある

✔︎授業以外の部分は、自分から積極的に活用しないといけない

✔︎人が多い分悪い友だちができると、ダラダラと悪い方に引っ張られる

✔︎授業、講習、自習室どこを取ってもピリピリしているため雰囲気が肌に合わないこともある

 

 

やはり大手予備校ということもあり、全てを存分に使えば合格を掴み取る事ができること間違いなしです。

ある一定のレベル(早慶以上)になると受講するのに事前に試験に合格する必要があります。ただ、私は一度で早稲田英語コースに合格することが出来ましたし、塾としても必要以上に落とす理由がないのである程度の学力があれば合格できるはずです。

 

河合塾の模試は多くの人が受けるため指標にもなりますし、良問が多いですよね。

(あまり大声では言えない内容ですが)予定がありどうしても模試を受けられない、という場合に事前にお願いをして塾生特権であとでこっそり貰ったこともありました。

 

こんな人にオススメ

◎ピリッとした空気の中で常に気を引き締めて学習したい人

◎講習などで、ピンポイントに苦手な分野を学習したい人

 

 

②衛星予備校

衛星予備校の中でも私が通っていた東進について詳しく話していきます。

 

特徴

✔︎映像型の授業を、自分のペースで視聴する

✔︎1つの校舎に社員が1人アルバイトが日替わりで1人程度なので、人によって校舎雰囲気の善し悪しがある

✔︎社員と毎週面談があり、英単語のテストを受ける

 

メリット

✔︎授業の質がすごく高い

✔︎理解しにくいところなどを何度も視聴することができる

✔︎自宅で受講ができる

✔︎2ヶ月に1度共通テストの模試がある

 

デメリット

✔︎価格が高い

✔︎塾長によっては次から次へと受講を勧められる

⇒せっかく授業の質が高いのに、ものにする間もない

⇒学力が上がらず余計に受講するという負のループ

(授業を取らされまくって、朝から夜まで受講している人は東進信者と呼ばれていました)

✔︎視聴室になんとなくここは誰の席、という暗黙のルールがある

✔︎チューターが座っておしゃべりしているだけで、特に何もしていない

 

 

 

上記の負のループに陥って、長期休暇等になると朝から夜まで受講している人もいました。ただ、少なくとも私の知り合いの東進信者で現役第一志望合格はいません。

 

私は校舎の雰囲気が全く肌に合わず、ほぼ自宅学習で受講しました。

夏休み頃に辞めますと連絡したのですが、お金はかからないので籍だけ残して!と言われたので残し、模試だけ無料で受けさせてもらっていました。我ながら上手に使ったと思います(笑)

 

古文で吉野敬介先生の授業を受講したのですが、これがとっても良かったです!

古文に苦手意識がある人が古文好きになれます。現在は東進との契約が切れYouTubeをメインに活躍していらっしゃるとの事なので、興味がある方はぜひご覧になってください。

 

こんな人にオススメ

◎ちゃんとセールスを断れる人(大前提!)

◎動画を視聴するだけで満足するのではなく、しっかりと復習できる人

◎部活などが忙しく、自分のペースで学習を進めていきたい人

◎お金に余裕があり良質な授業を受講したい人

 

 

余談

弟や私の友だちの多くが河合塾マナビスに通っていたので少しだけ特徴を共有します

 

✔︎東進より指定校推薦の人が多い

✔︎自宅受講ができない

(コロナ騒動で現在は出来るようになっているようですが期間限定の可能性があります)

✔︎東進より1校舎に駐在する職員(アルバイト含む)が多く、アドバイザーによる学習のアドバイスタイムが設置されている

 

授業の質は劣るが、人や校舎の雰囲気は比較的良いという印象です。

 

③個別塾

私は栄光ゼミナールという塾の個別に通っていました。

唯一最初から最後まで通い続けたのがこの塾です。先生がアルバイトだったのですが、頭がとっても良くて友だちのようになんでも相談できて美人で最高でした。(笑)

私が大学四年間アルバイトしていたのもこの塾なので、そんな観点からも少し話していきます。

 

特徴

✔︎カリキュラムが設定されておらず、生徒一人一人に合わせた学習スケジュールを立てることが出来る

✔︎先生1対生徒1~2の授業スタイル

 

メリット

✔︎個別タイプであるため先生も「自分の生徒」という責任感や使命感がある

✔︎一教室の生徒数が多くないため、先生みんなから覚えてもらえる

⇒アットホーム感があり通いやすい

✔︎AOや指定校推薦にも対応

 

デメリット

✔︎アルバイト講師にはアタリハズレがある

✔︎志望校が早慶や旧帝大レベルだと対応できる講師が限られる

✔︎独自の模試がないため他で申込む必要有り

 

 

 

なんでも相談できる人がいると、学習スケジュールを立てる時や入試スケジュールを立てる時に役立ちます。

アルバイト講師たちも、どうにか生徒を第一志望に合格させてあげたい!という思いが強いので自分の苦手な科目は他の講師に聞くなどして協力して指導しています。

 

個別塾は大小様々種類が多いため、気になる方はまず体験授業に行くことをオススメします。

 

こんな人にオススメ

◎丁寧に教えてもらいたい人、質問したい人

◎学習スケジュールのたて方がさっぱりわからない人

 

④通信教育

栄光で勧められてZ会を受講していました。

Z会の傘下に栄光があるのかな?詳しいことはわかりません。

 

特徴

✔︎レベルの設定が比較的難関大学生向け

✔︎インプットではなく、問題演習をするアウトプット形式

 

メリット

✔︎予備校と比較すると安い

✔︎添削付き(特に難関大志望には嬉しい!)

✔︎良問揃い

 

デメリット

✔︎自分で計画的に取り組み提出する必要がある

✔︎そもそも理解が出来ていないと手も足も出ない

 

 

自分で事前に勉強しておき、その単元に関する良問に取り組むことができるというイメージです。0を1にするというよりは1を10にしていくために使います。

 

やる気とそれなりの学力がある学生が、確実に力をつけていくには最適です。

まずそれなりの学力があることは前提になりますが、きちんと学習スケジュールを立てることができれば自己学習とZ会のみでも東大レベルまで学力の向上が見込めます。

 

こんな人にオススメ

◎志望校に筆記がある人

◎力をつけるために問題演習に取り組みたい人

◎基礎学力があり、向上心の高い方

 

さいごに

 

ここまで色々話してきましたが、どれもそれだけに頼りきってしまうとダメです。

インプットだけでなく必ず理解度を整理してアウトプットする時間が必要ですからね。

 

私は初めは学力の向上を求めて色々と塾を探していましたが、最終的には自分でどれほど勉強できるかが大切なのだなということに気付かされました。

 

自分で効率よく学んでいくための、「覚え方・学習スケジュールのたて方・良問」などの情報を提供してもらうと考えるとわかりやすいですね。

 

そして、学習を進めていく環境も何を選ぶかによって異なってきます。

個人によって向いている環境は異なるため、体験授業を利用しても良いので合っているか確認するのも良い方法ですね。

 

まとめ

 

「塾選び」は、得られる「情報選び」「環境選び」である!

 

それぞれの特徴やスタイルを参考にして自分に合った方法で勉強していきましょう😊

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

消し子