元塾講師が教えるMARCH合格への道

元塾講師の情報発信ブログ。受験生や、受験生を応援するお父さんお母さんを全力サポートしたいです!

音楽を聴きながらの勉強は危険度、依存度高!

f:id:kshinoblog:20200716073654j:image

 

 

音楽を聴きながらの勉強、していますか?

私の学生時代も、私の塾講師時代をみても

音楽を聴きながら勉強している人は非常に多かったと感じます。

これ、結構依存性があるんですよ、ご存知でしたか?

 

 

 

1.メリット

 

f:id:kshinoblog:20200716073825j:image

 

①気分がアガる

好きな曲を聴いているとよし頑張るぞ

という気分になれます。

 

②周りの音を遮断できる

集中の妨げになる無駄な音をカットできます。

 

③なんとなく集中出来るような気がする

勉強から少し気が逸れても、音楽を聴けるので長く座っていられるのです。

頭の中で

勉強、音楽、勉強、音楽

チャンネルの切り替えをしつつ

どちらかに集中することができます。

今日も勉強したぞ!

という達成感にも繋がるかもしれませんね。

 

 

 

 

このようなメリットがあるおかげで、

だんだんと音楽なしでは勉強が出来なくなっていきます。

イヤホンがないとなぜか物足りないような気になるのです。

 

 

2.デメリット

 

f:id:kshinoblog:20200716073830j:image

 

①集中力半減

結局は“ながら勉強”ですよね?

勉強と音楽を聴く、これを同時にできるほど人間の脳は優秀ではありません。

 

頭の中で無意識にチャンネルをかちかち切り替えています。

 

ふと音楽の方に集中してしまって、

もう一度問題文を読み直す。

これほど無駄なことってないですよね。

結局は音楽に集中力を奪われているのです。

 

②勉強を長時間やったつもりになる

①の続きの話になります。

頭をあまり使っていないので疲労度が少なく、長時間勉強ができます。

ただ、効率の悪いダラダラとした時間ですよね。

結局は密度がとても低いのです。

 

これはさきほどのメリット③と表裏一体です。

 

③入試本番は音楽なんてない

 

入試本番は、周りのペンの音や貧乏ゆすり、舌打ちなども聞こえてきます。

こんな中で集中しないといけません。

 

 

 

 

 

ここで具体例を出します。

私の母は“ながら家事”が大好きです。

ドラマをみながら料理をしていますが、

ドラマに集中してしまいよく料理を焦がしています。

かと思えば料理に一生懸命になり、ドラマの内容なんてさっぱりの時もあります。

洗濯物を畳む時もぼーっとドラマをみてたまにたたんで、を繰り返しているんです。

洗濯物を畳むのなんて集中したら5分で終わるのにわざわざ30分もかけます。

 

効率が悪いと思いませんか?

 

(お前がやれ!というコメントは控えてくださいね。論点が異なります)

 

しかし、一度“ながら家事”に慣れてしまうとなぜか依存のようにひとつのことに集中することが出来なくなります。

家事にドラマや音楽やラジオが欠かせないのです。

 

これ、音楽がないと勉強ができない受験生にそっくりなんです。

危険性について、多少はご理解いただけましたか?

 

3.どうしたら良い?

 

f:id:kshinoblog:20200716074019p:image

 

①耳栓を買うorイヤホンだけする

 

それまでの音楽を聴きながらの勉強に慣れている方。

急にはずして勉強を始めると外界の音がうるさく感じてしまうかもしれません。

基本的には入試本番も同じなのでそれで慣れて欲しいのですが…

そのため耳栓など音をシャットアウトできるものを装着すると良いでしょう。

 

 

せっかくなら使い捨てではなく

↑↑↑のように洗って何度も使えるものがオススメです。

 

 

 

それから、ただ単に耳が寂しく感じる

という方も案外多くいます。

そういった方は音楽を聴かずに普段のイヤホンをする、もしくはより防音効果のあるイヤホンをするなどして

耳の寂しさを誤魔化しましょう。

さらに音を遮断できるので一石二鳥です。

 

②甘えるな!と自分を奮い立たせる

ここにきて精神論です。(笑)

 

私は効率の良い学習をとにかく勧めています。

夜遅くに音楽を聴きながらダラダラ勉強をする。こんなに効率の悪いことする必要がどこにあるんですか!?

これはやったつもりになるだけです。

 

そんなことをして志望校に合格できますか?

この時間もライバルは集中して勉強し続けているかもしれませんよ。

 

ちょっとまくしたててみました。

色々と考えると、音楽を聴きながら

まったりお勉強をしている暇などないことに気づけるはずです。

 

③どうしても聞きたいならオーケストラなど歌詞のないものを聞く

 

聞くなら聞く!勉強するなら勉強する!

ときっちりわけるのが1番のオススメですが…

 

どうしても聞きたくて聞きたくて仕方がない方。

小さめの音でオーケストラをBGMのように聞きましょう。

 

 

4.音楽を聴きながらできる科目とできない科目

 

f:id:kshinoblog:20200716075345j:image

 

英語・国語・社会

文系の皆さんごめんなさい。

これらはNGです。

 

やはり文字を読むことに集中するもの、暗記物に音楽は向いていません。

 

数学、物理

これらはOK

計算メインですからね。

 

私は数学の勉強をする時に限って

吹奏楽の音楽を聴きながら勉強をしていました。

ただ、ノッてくるとむしろ音楽が邪魔になってきてしまいました。

 

その他、

生物は完全にNGですが化学は微妙なラインですね。

 

 

さいごに

 

つらつらと書いてまいりましたが、
結局は自分のやりたいようにやるのが1番です。

効率が悪くても、音楽がないとどうしても勉強ができない!!

という方もいるかもしれません。

 

そういう場合は、音楽を聴かない時よりも効率が悪く浅い勉強をしているということを理解しつつ勉強に向き合っていきましょう。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

 消し子