元塾講師が教えるMARCH合格への道

元塾講師の情報発信ブログ。受験生や、受験生を応援するお父さんお母さんを全力サポートしたいです!

【英語】賛否両論?いやいや、受験生は音読するべき!方法までご紹介!

f:id:kshinoblog:20200815160918j:image

 

「大学受験において音読って必要なの?効果あるの?」

よく聞くこの質問。

音読に関して賛否両論ありますよね。

 

大学受験は今後の人生を左右する一大イベントですから、正しい情報を得て効率良く勉強しなければなりません。

 

かく言う私自身はめちゃくちゃ音読推奨派!

良い部分だけ話しても説得力が無いでしょうから、悪い部分も含めてお話していきますね。

「メリット、デメリットは?」

「方法、タイミングは?」

そんな疑問に答えていきます!

 

 

1.音読反対派の意見

f:id:kshinoblog:20200815161348j:image

中学生で、英語を習い始める頃から音読を毎日のように課せられる場合があります。

高校の先生にも、塾の先生にも音読を勧める方は多くいます。

そして、インターネットで大学受験の英語について検索すると「音読するだけで成績が上がる!」そんな意見まで出てきます。

 

それらはきっとすべて善意で言っていると思うんですよね。

自分自身や教え子の経験として、音読をしたら成績が伸びた!という事実があり他の人にも伝えたい、という気持ち。

 

ただ、そういった意見ばかりを見聞きし、「なんにも考えないで音読だけしたら成績が上がる」と勘違いしてしまう人が出てくるんです。

 

そんな人達は、本当に何も考えず意味も理解せずただお経のように英語を読んでしまいます。

結果、時間はダラダラかかる、英語の力もつかない、最悪です。

信じて音読し続けた数ヶ月を返して!

その結果がアンチ音読の爆誕です。

 

元々はしっかりと方法が説明されたいたのかもしれませんが、音読すると良い!という言葉だけ独り歩きしてしまっているんですね。

何も考えずにそれに縋って音読するも成績が上がらない。こんなある意味可哀想な受験生たちが多くいるのも確かです。

 

冷静に考えればわかると思いますが、何も考えずにただ音読をするだけで成績が伸びるなんて、そんな上手い話あるわけないじゃないですか!

 

つまり、英語がスっと理解できるようになる、何か裏ワザのようなものを求めている学生には向いていないと思います。

 

2.音読賛成派の意見

f:id:kshinoblog:20200815161423j:image

 

メリット、デメリットを踏まえて説明していきますね。

 

メリット

前から順々に意味を理解する力がつく

前から順々にというのはどういうことか。

簡単な例文で考えてみましょう!

 

I like playing the piano with my mother.

 

日本語訳は

『私は母とピアノを弾くことが好き』

となりますよね。

 

日本語だと、

主語、修飾語さいごに述語

という順番になりますが英語はご存知の通りそうにもいきません。

 

英語が苦手で慣れていない人だと、この英語と日本語の文法の順序の違いに戸惑うのです。

そのためこんな効率の悪い方法で読みます⬇️

①まず一度はじめから英文を読み
②つぎに後ろから日本語に訳してみて
③もう一回まえから英語を読んで確かめてみる

 

一つの文に対して何度も何度も前からも後ろからも繰り返して読んで、やっと意味を理解するのです。

これって無駄ですよね?

 

音読を繰り返すことによって、英語の文法で意味を理解する力がつき

何度も繰り返して読む必要がなくなるのてす!

 

速読力がつく

理由は二つ

①つ目は、さきほどの話の続きにもなります。

一度で全文を理解するクセがつくので何度も繰り返し読まずともサクサク次に進めますね。

②つ目に、音読は黙読よりもスピードが速いのです。

思考のスピードよりも口に出す方が速いということですね。

 

これはあたま真っ白で音読してしまう理由にも繋がってきてしまいます。

そのため、ギリギリ意味が理解できる程度のスピードで音読していきましょう。そうすることによって黙読の時も理解するスピードが速くなっていきます。思考のスピードよりも口に出す方が速いということですね。

 

 

つまり、文章がスラスラ読めて意味も理解できる人はとくに取り組む必要はありません。

そうでない人全員には絶対取り組んで欲しいです!

正しく取り組めば偏差値50を切るような大学の英文から、東大の英文まで幅広く対応できる有効な勉強法です。

 

デメリット

時間がかかる

これは英語反対派の人も理由にあげていますし、間違いなくそうだと思います。

一つの文章を何度も繰り返し読むので自ずと時間がかかります。

さらに少しでも気を抜いてしまうと、「やばい、今意味理解しないで読んでた、読み直そう」となるのでさらに時間がかかります。

やり方を間違えると意味が無い

これが音読のもっとも怖いところですね。

音読はひたすら無心で数をこなすのではなく、むしろ頭をフル回転させながら行うものなのです。

それを理解出来ていないと無駄になってしまいます。

力になっている実感がすぐには湧きにくい

勉強全てに言えることではあるのですが、実際にポーンと成績が上がるわけではないので

本当に意味あるの?と思われがちです。

しばらく続けていると、必ず実感できる時が来るのですけどね。

 

〇一言で説明すると

超超簡単に説明すると、

時間はかかるし頭は使うけど、長文を読むために必要な力が必ずつく!

と言えます。

 

《方法》

f:id:kshinoblog:20200815161557j:image

 

まず、いつから?という疑問に答えておきますね。

今日からです!

音読に遅いとかないですから。

むしろできるだけ早くからはじめて

英語脳の育成と、英語のストックを増やすことに尽力しましょう!!

 

ちなみに、音読用に新たに参考書などを購入する必要はありません。

お手持ちの単語帳についている例文や、日々使っている英語長文、英文解釈をしているならその文章でも良いです。

 

何を使うにしても絶対に覚えておいて欲しいこと!

 

◎事前に日本語訳を読んでおくこと
◎分からない単語は無くしておくこと
◎5~10回繰り返して読むこと

まずは、とりあえずその参考書に準ずる方法で演習を行います。つまりは、単語を覚えたり、問題を解いたりですね。

そのあとの復習の作業として音読を用いましょう。

 

単語帳はそもそも周回することが前提だと思います。

そのため1日に同じものを何度も読むのではなく量をこなすようにして、2~3週間で1周することによって繰り返して読むことを実践しましょう!

 

そうでない英文解釈や英語長文などの大抵は1周しか行わないものは、その時にまとめて何度も音読します。

 

イメージとしては、英語の文章を自分の中に染み込ませてストックを増やしていく感じです。

 

そして、もうほんとにほんとに大切なこと

 

 
☆読みながら意味を思い浮かべること!

 

これ!( ˙▿˙ )☝!

これが意識できてたら勝ちも同然。

最初は、事前に読んだ日本語訳を思い浮かべながらでOK

だんだん慣れてきたら英語を英語のままでなんとなく意味が理解できるようになるはずです。

これが英語脳ですね。

 

まとめると

◎事前に内容を理解しておく
◎内容や日本語訳を必ず思い浮かべながら
◎何度も読んで自分の中に英文のストックを増やす

 

です!

まずは、自分が持っている参考書を見てみて音読に使えそうなものがないかなーと考えてみましょう!

 

 

ターゲット1900を利用する音読方法はコチラ

www.gokakuhe.xyz

 

英語長文の音読を用いる詳しい演習方法コチラ

www.gokakuhe.xyz

 

 

さいごに

 

だらだら書いてきましたが、とにかく覚えておいて欲しいことをまとめます

まとめ! ①内容をしっかり理解した状態で
②意味を考えながら
③繰り返し音読

これで、英語長文はモノにしたも同然!

 

読んで読んで読みまくって英語を味方につけよう👌

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!

 

消し子