元塾講師が教えるMARCH合格への道

元塾講師の情報発信ブログ。受験生や、受験生を応援するお父さんお母さんを全力サポートしたいです!

【受験生の腰痛】原因、予防対策、解決策まで!

受験生の腰痛 この悩みとっても多いんです。

少しでも悩みの種は排除しないといけないですよ!

そもそも腰が痛いだけで普段の学習効率が下がりますし、 入試当日にやばい!腰が痛い! なんてことになったらもう最悪。 人生を左右しかねません。

今回は特に受験生の慢性的な腰痛に注目して

①そもそも原因はなんなのか
②予防するにはどうしたら良い?
③もう既に痛い時はどうすべきか!

この3つを説明していきます✨

原因

f:id:kshinoblog:20200830192842p:plain 腰痛の直接的な原因の多くは解明されません。骨や神経に異常があると『ここだ!』調べて治療しますが、大半は筋肉の損傷なので突き止めないんですね。調べればわかるけどどうせ安静にするしかないので。

そのため、推測することしかできませんが受験生だとほぼ以下の三つが原因だと考えられます。

◎姿勢

骨盤が傾く

猫背だったり、浅く座って背もたれに寄りかかったりするとなります。 ダラーンとした姿勢で骨盤が後ろに倒れてる感じ。 これは厳禁です。 1番負担をかける座り方です。

骨盤はきゅっと立てないといけないんですよ! まっすぐ腰を立てて、トンとそのまま座る姿勢です。

足を組む

骨盤が傾き、筋肉が疲労してしまいます。

雑巾絞りの要領で、『じゃあ逆に組めば元に戻るかも!』と普段と逆に組むのは辞めてくださいね!! 余計ねじれて取り返しのつかないことになります😂

◎長時間座る

悪い姿勢で座る、はもちろんベリーバッドですが良い姿勢でも座ること自体がそもそも体に悪いのです。 スウェーデン生まれで有名な整形外科医ナッケムソンの論文「姿勢の変化による腰部筋活動の変化」によると

直立姿勢の負担を100としたとき
正しい姿勢でも140
姿勢が悪いと195もの負荷がかかっている

との事なんです。恐ろしいですよね。

◎運動不足

ずっと座ってばかりだと筋肉が凝り固まってしまいます。 運動やストレッチが不足すると、 固まった筋肉が解されることなく 腰痛につながってしまいます。

受験生だと十中八九これらの日々の蓄積が原因で、急性的ではなく慢性の腰痛になってしまっていると思料されます。

受験生とはあまり関係ないですが急性腰痛でよくある原因はこのへん
○重いものを持ち上げる
(私はこれでぎっくり腰して数ヶ月治りませんでした)
○スケートやゴルフなどの腰を使うスポーツ

予防と対策

f:id:kshinoblog:20200830192952j:plain

①骨盤矯正

正直、腰痛なんかに受験勉強を阻害されるだけで不快ですよね。
それに加えて腰痛予防のために姿勢を気にして運動してなんてしていたら、受験のために腰痛を治そうとしているのにそちらに時間を割かれて本末転倒も甚だしい。
座るだけで背筋がスッと伸びますし、ダイエット効果まで期待できちゃうんです。

つねに良い姿勢なんて気にしていられませんからグッズに頼るのが最も良く長い目で見るととっでコスパが良いです。

普段と違う姿勢なので、はじめは痛みを伴うかもしれませんが好転反応だと思って耐えましょう

②立って勉強

何言ってるんだ?と思いますよね。
意図は、もちろん座っている時間を減らすためです。
腰の負担をできる限りすくなくするために、 立った状態で勉強してこまめにちょっとした運動やストレッチをするようにしましょう。

それに、暗記物をするとき体を使うと効率が良いのです!
詳細はこちらに

www.gokakuhe.xyz

立った状態で足踏みなんてしながら勉強すると、腰痛の予防にもなりますし暗記も捗るし一石二鳥ですよ✨

処置

f:id:kshinoblog:20200830193039j:plain

もうすでに結構腰痛がキテるという方。

①原因を排除して対策を徹底

まず上にあげた原因、思い当たる節はありますか?
きっとありますよね。
それをできる限り減らしていきましょう!
それから、たいていは姿勢が悪いせいでしょうから
骨盤矯正などは痛くなってからでも無理のない範囲で利用してみてください。

②腰をゆっくり反らしてキープ

⚠️反り腰の方は厳禁

これは実際に腰痛のもちの私が色々な整体や病院に行き先生たちから学んだストレッチです笑 猫背気味の人にとっても有効です。

うつ伏せの状態から軽く腰を反らせた状態をキープするのです。 f:id:kshinoblog:20200830192635p:plain

この体勢です!

もちろん、痛いところの少し手前で良いですよ。
できる限り朝晩、スマホを触りながらでもテレビをみながらでもなんでも良いのです。
最初は痛いでしょうが、少しずつ反らせた状態を長くキープ出来るようにしてみてください✨

人によっては痛みを伴うでしょうから、 無理のない範囲で行ってみてくださいね

③筋肉をほぐす

急性の腰痛は冷やさないとといけませんが、 慢性の腰痛は温めるべきです。
筋肉が凝り固まっているのでカイロなどで腰を温めて血流を良くし、痛みの原因をゆっくり押さえながらほぐしましょう。
ぐーっと押しながら、出来そうであれば腰をゆっくり反らしてみましょうね。

めちゃくちゃに痛ければ病院か、カイロプラクティックや整体に行ってください。

私は腰痛で病院に行き、ぎっくり腰と言われたのに若いからという理由で湿布すらくれなかった苦い思い出があります。笑

結局、骨が折れていたり神経に支障をきたしていない限りは筋肉の損傷ですから安静にするしかないのです。

さいごに

受験生にとって腰痛は天敵ですよね。
座る時間が長くなり、運動不足になると自然と腰痛になってしまうのです。
ただ、その腰痛と戦うことに専念してしまうとその時間がもったいないですから、
とにかく姿勢をよくして、適度にストレッチをしてまずはならないようにしっかりと予防するようにしましょう!

ここまで読んでくださってありがとうございました。

消し子